私の似顔絵の目元にクマ

子どもの描いた似顔絵にショック!

いつまでも若々しい肌を保ちたい!

 

 

うぬぼれているところがありました【40代前半女性Mさん】

 

30代半ばまでは、実年齢よりも若く見えると言われることが多い私。

 

40代に入り、子どもが中学生になり、お弁当を作って早朝送り出す生活が始まった頃から疲れを感じるようになりました。

 

顔も、くすみや目の下のクマが気になるようになりました。

 

ショックだったのは、子どもが描いた私の似顔絵の目の下に、たるみと影のようなものがあったことです。

 

アイウルルで今日も元気

 

聞くと、ズバリ「目の下のクマ」だとのこと。

 

ふざけて描いたものですが、こちらとしては笑ってもいられません。
目の下の老廃物やリンパ液を流すイメージでマッサージをするようになりました。

 

また、目の下に限らず、冷え性や血行の悪い状態はよくないと思い、体を冷やさないように心がけています。

 

ショウガや根菜は体を温める食べ物といいますが、効果はそれほど感じません。

 

それよりも、外側から直接温めるほうが効果がある気がして、靴下や肌着、腹巻といった防寒肌着を身につけたり、足湯をしたりして血行をよくしています。

 

そのせいかクマは一時よりは薄くなった気がします。

 

悩みは、家族のスケジュールに合わせる母親という立場上、どうしても睡眠不足になってしまうこと。

 

もっと寝られたらクマも改善しそうですが、こればかりはなかなか難しそうです。


トップへ戻る