目の下のクマの原因

目の下のクマの意外な原因

体調だけではなくアイメイクの落とし方でも起こりますから要注意です!

 

 

こんな事で長年悩んでいます!【40代後半女性Nさん】

 

目の下のクマが目立つときは、大抵疲れている時やストレスがたまっている時、生理中などでした。

 

でも、それ以外の時もなぜかクマが目立つときがあり、なんでだろうと謎に思っていました。

 

アイウルルで悩みをなくす

 

クマの意外な原因、それはマスカラでした。マスカラによっては落ちにくい物があり、皮膚につくと取れにくい種類のものがあります。

 

固まってぽろぽろと取れるタイプのものは大丈夫なのですが、クレンジングをしても残ってしまうものがあったのです。

 

私もしっかりアイメイクだけを落とすクレンジングをしていなかったのがいけなかったのですが、この残ったマスカラが重なって、黒くなっていったのでした。

 

アイメイクは洗顔後にきちんと落ちているか確認することが大切だなと思いました。


 

 

 

元が治らなければ隠しても

 

クマを隠しても解消されない限り、自分の顔にたいしてずっとコンプレックスを持ち続けてしまうだろう。

 

長年、眼鏡をかけて生活してきたので、ずーっと目の下なんて気にしたことがありませんでした。

 

眼鏡をかけて鏡をみると、クマがあるかどうかなんて眼鏡の影でみえないし、裸眼でみたらそれこそ何もみえない。

 

普段から仕事も忙しくて、家に帰ってからゆっくりと鏡を眺めることもない。だから、本当に気にしたことがなかったのです。

 

アイウルルでクマをなくしたい

 

でも!ある日、何気なく鏡を覗き込んで、むむ!目の下がなんとなく暗い!と感じました。

 

一度感じたが最後、なんだかとても気になるのです。

 

目の下がうっすらと青黒いような感じがして、あぁ目が疲れてるのかなぁ、と最初は思いました。

 

仕事上、PC画面を見ることがおおいので、ちょっと目のために休憩をしてみたり、お湯をしぼったタオルを顔に載せてみたりして、自分なりに解消をこころみたのですが全然効果無し。

 

もしや、これがクマというのかしら。何とかしなくては・・・とドラッグストアへ。

 

アイウルルでスッキリ

 

とはいえ、何をしたらいいか分からない私は、隠すことくらいしか思いつかない。

 

化粧品コーナーをうろうろしていたところ、店員さんに声をかけられ、すすめられるがままに美容液入りのクマ隠しを購入しました。

 

で、使い始めたのですが、確かに隠せる!なんとなく目元が明るくなったし、美容液入りというからケアもできてるはず!と、なんかもうすごく気が楽になったのですが。

 

でも隠せるだけで、なにも解消されておらず。件のクマ隠しは使い続けていますが、やっぱりお化粧をとるとなんとなーく目元が暗いです。

 

まぁ隠せればいいんだけども、自分がとても歳をとってしまったような気がして、あまり鏡を見たくないんです。


 

 

 

女性がクマのないお顔は、若くみえるのです。

 

眼輪筋の悪さで、血行不良をおこしてしまうクマ!

 

目の周りのへの扱い・紫外線対策・目の付近の筋力は大切です。

 

目の下のクマは、女性にとっても嫌な思いをするものとなります。

 

原因となるものは、目の周りが皮膚が薄いためにできてしまう事があります。また血行不良をおこすことでもクマができる事となります。

 

目の周りをひとさし指で扱うことは、皮膚への優しい対応となり出来たクマをおさえることもできます。また血行不良に関しては、眼輪筋の悪さがあります。

 

アイウルルで肌ツヤUP

 

目の下のクマは、筋肉の動きが悪いことで、起こす事となります。

 

クマの種類にも色での見分け方があります。茶色のクマは打撲したようなあざの感じです。

 

青いクマは、血液が筋肉の中の毛細血管に鬱血してできるものです。

 

また黒いクマは、皮膚への色素沈着となり、色が濃くなるものです。

 

一般的なクマとなり青グマですが、目の周りの血流をよくすることで良い傾向となります。

 

ストレスや寝不足や体調不良からなるものですから、体調を整えることが大切です。血行促進マッサージは、効果のあるものです。

 

アイウルルは人気

 

茶グマと言われるものは、目の摩擦が原因となり、目の周りのお肌に刺激がないようにする事が大切となります。

 

お肌への労わりは大切なものとなりますが、ビタミンCを意識して摂取すること、また美白対策が大切となります。

 

目の周りが色素沈着とならないように、UVケアや予防することが大事です。黒クマは、加齢と共にできるものです。

 

コラーゲンが減ったり、皮膚が弛むことでできるクマですが、下まぶたの皮膚が薄くなるものです。

 

目じりやこめかみ付近などのつぼ押しは、お顔全体のむくみをとり黒クマにも有効的なものです。

 

クマのないお顔へとしたいものです。


トップへ戻る